ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


漢方
Category: その他  
昔から扁桃腺が腫れやすく、必ず喉から痛くなります。
12月の扁桃炎から喉の痛みがとれず結局また2月に腫れてしまった。

年々、扁桃炎の数が増えて2ヶ月に1回腫れるように。
高熱が出るから大変なんですよね。ここ2回は7度ちょっとしか上がらず喉が痛いだけ
と少し症状に変化が。

そのたびに、抗生物質をもらい、だんだん強めのものになり・・・。
飲めば収まりますが、またすぐに痛くなったり、収まりかけでやめたら腫れるので
飲みきったり。
腫れたら薬で抑えるというやり方ですが、ここまで回数が多いとそもそも腫れないようにしたい。

テレビでやっていた、漢方内科というのを探し近くにあったので行ってきました。
注射も、抗生物質もくれません。
じっと顔をみられ、鼻に赤みがありますが慢性的に鼻詰まったりしてませんか?と聞かれる。
確かに、ずるずるの鼻水が出るわけでもなく、常に鼻はつまり気味だったり、微量の鼻水
がたまっていたりしてます。
まず、鼻が悪いと口呼吸にもなるし、ばい菌もたまり易いので鼻のつまりを抑えるものと
喉の痛みをとるものを処方されました。
いろいろ、話をしてほかに患者がいないのもあってか30分以上話しました。

最初に1週間処方されたのは

鼻:かっこんとう か せんきゅうしんい
喉:ききょうとう

これを一週間飲んでみてくださいといわれ飲んでみると2日目くらいで鼻の調子が良くなり
3日目くらいで12月から取れなかった喉の痛みが改善しました。

この漢方が合うようなので2週間分もらってきました。
ききょうとう は ききょうせっこう に変わりました。

RIMG0382.jpg

漢方はずっと飲んでいないと利かないと思っていましたが違いました。
抗生物質やいわゆる薬よりは体への攻撃は圧倒的に少ないでしょう。
症状にあわせて、漢方の量を減らしてもOKといわれました。
あと、葛根湯なんかは薬局で売っているので飲んでましたが漢方は基本食前、食後数時間、空腹時に服用
なんですね。なにも見ないでずっと食後に飲んでいました。

だんだん、体質の改善も見込めるらしく、ここ数日は一日2回とか、1回にしたり、
喉の調子が良いときは、鼻のほうだけ飲むようにしています。

処方箋なら、保険も利きます。3割負担で一週間で600円(1日3回2種類飲んだとして)。
まともに買うと一週間で2000円のコストになってしまいます。

慢性的な症状を持っている方、漢方内科行ってみては?

そろそろ、花粉の時期なんだよな・・・。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。