ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカンな台湾バイク
Category: 自転車  
にわかちゃりだーにはよくわからないけど、キャノンデールはアメリカのメーカーで、
HAND MADE IN USAというのが売りだったそうだ。
しかし、事実上倒産し立ち直ったのが今のキャノンデールらしい。
自分のはもちろんTAIWAN製である。

なんでキャノンデールを選んだかといえば、完成車でシマノのコンポが着いていることと
見た目が昔ながらの三角形ホリゾンタルに近くて好みだったこと。
カーボンなので、フレームはぶっといですけどね。

イタリアの自転車なんかは曲線を多用していたり、エアロフレームになっていたり
マウンテンバイクのようなトップチューブ(一番上の棒)が斜めにスローピングしていたり各社さまざま。
キャノンデールはどちらかというと丸い棒をつなげただけといっても良いようなデザイン。
なんかそこがよかったんだけど。

RIMG0234.jpg

丸い電池なので軽い。割りと明るいですが夜乗るわけじゃなく視認性の目的なので十分。
目立たなくてよいかと。
RIMG0238.jpg


サドルはフレームの色にあってますね。
RIMG0231.jpg


いたって普通。
RIMG0235.jpg


最近のカーボンフォークはまっすぐなのが多いなか、これは曲線になっています。
RIMG0236.jpg


シマノのハンドル周りはごつい。
スラムなんかはスリムでかっこいいですね。
RIMG0239.jpg

凝った形はしていない。
太いなぁ。
RIMG0246_20120213004517.jpg

チェーンが内側に落ちたときのために?鉄板のガードがついてるのはありがたい。
クランクはシマノじゃないのよねぇ。
RIMG0249_20120213004543.jpg


シグマのサイコン
なかなかデザインよろしいと思います。
RIMG0240.jpg


砂時計の形っぽいアワーグラスシートステーが売りだったらしいが
ほかのモデルは次世代の形状にアップデートされてきました。
RIMG0241_20120213004451.jpg

クロモリの細いフレームが一番かっこいいと思いますが、カーボンに乗る以上
このぶっといのは避けられないようで。

アルミと乗り比べ試乗で少々反応の悪さを感じたがそれがどう出るか。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。