ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


乗り収め
Category: バイク  
どうしても乗ってみたくて、W650からW1SAになった私のVerticalTwinです。
怪我したこともあり、夏は乗れませんでした。

流石に遠くにはいけませんが、雪が降る前にちょこちょこ乗って初期トラブル出しをせねば。
納車直後にチャージトラブルがあったものの、その後はそんなに。
ま、40年も前のバイクですからね・・・。

この日は厚田まで。
スーパースポーツなおじさんが、W1懐かしいなぁと声をかけてきました。
これに乗っていると、かなりの確立で話しかけられます。それで時間食うこともしばしば。
おじさんは、スーパースポーツでさっきも250km/hだしてきたよ。なんていっていましたが
一切興味ありません・・・。

RIMG0249_20111123221920.jpg

これで、60km/hあたりで流すのは気持ちがいいです。
パソコンだ、携帯だととてつもないスピードで動く世の中ですがW1で流すと忘れさせてくれますね。
40年前はこれがスーパースポーツだったんですが技術の進化は恐ろしい。

RIMG0256_20111123221934.jpg

振動は、よく雑誌で書いているほどのものではありません。
最初は相当身構えましたが、なんだこの程度なんだ。と思いました。
音は、すごくいいです。
確かに現代の社会情勢ではうるさいですが、丸い音で耳障りな感じが無い。
乗っているより、誰かに乗ってもらって後ろ走ると本当に良い音です。

RIMG0257_20111123221946.jpg

W650と似ているようで、別物。
明らかに力は無いのに、W1のほうがずっとトルクフルに感じます。
操作系、シフト、だったりブレーキだったり、サスだったりは流石に現代のようにスムーズではありません。
車重さがそんなに変わらないのに、とても重く感じます。

W1のほうがスピードレンジは低いですが、エンジンの特性はやんちゃだと思いまうす。
W650のほうがまったりしている。

RIMG0261_20111123222001.jpg

フレームは刷毛で塗り、オイルタンクも刷毛で塗りました。
ペーパーでならして、コンパウンドで磨けばこのとおり。結構綺麗でしょ?

RIMG0265_20111123222015.jpg

お金をかけずに綺麗にするには磨くしかない。
少しずつ、きれいにしていきたいと思います。
スポンサーサイト


Comments

おーいえー、遂に登場ですかw
想像はしてたけど、やっぱしだね。 W1は本気バイク。 W650はそうではない。
あの時代にスポ-ツバイクという概念があったかどうかはわかんないけどね、
テッペン目指したバイクだから、ストレートに性能を追求したバイクなんだよね。 
ま、この後2ストトリプルになって、4ストフォアになるという、テッペンのためにはかなり節操ないことする川崎さんのフラッグシップ。
何せ、これの前は2ストツインだったから、4回エンジン変えてるんだなあ。 
ヨーロッパのメーカーは基本的にエンジン形式に固執するからね。
そう考えるとなんともアジア的www

しかし気になるとは言っても本当に持ってしまうってのは漢だよね。 拍手。。。
>denziさん

数年前にあのショップをdenziさんが紹介してくれたのも決め手ですね。
こうゆうバイクを商売っ気無しに(笑)対応してくれて
技術も、人柄も安心してつきあえるショップに出会えたって言うのも大きいです。

W1も元はBSAのパクリといわれていますが、本気で作ったのは間違いないですね。
当時の技術で出ちゃってる振動や、出ちゃってる音がなんともいえない味です。

日本のメーカーってこれだけの種類のエンジン作るってほんとすごいことなんだなぁ
とおもいます。
しかし、このVerticalTwinで最高速狙っていったって今では考えられないです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。