ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セロー セッティング
Category: バイク  
セローのマフラーは純正と決めていました。
小排気量のシングルは耳障りなおとになりがちでセローはうるさくしたくなかったのと
低速トルクを失いたくなかったからです。
が、純正マフラーはとんでもなく重いのも事実。

そこで、うまくトルクが出るようだというスーパートラップに興味が。
でも形も、音もポンポン船のようなイメージがありスーパートラップは好きではありませんでした。
でも形は、オフロードなら違和感ないしプロトのスーパーサウンドというマフラーは規制も通っている
みたいだ。

ヤフオクで検索するとちょうど出ていて、ためしに開始価格で入札したら落札しちゃいました。
で、手に取ると軽い。純正の1/3くらいでは?と思う。
出品者はこれで乗っていたというので届いた状態で取り付けると、純正と同じくらいの音?、乗った感じもあんまり変わらないような。
あまりにも上が伸びなく分解してみることに。

RIMG0496.jpg

明らかに間違っていました。一枚目に排気を止めるエンドキャップ。
これでは、一枚目でしか排気できません。
本家スーパートラップと違い三角形の穴が開いた皿がついています。
おそらく、音量を下げるためだと思います。あと車両側に排気が出ないように半円のガスケットを取り付けられます。
適当に8枚くらいに組んでみます。ちょっと音はうるさいですが乗ってみると激変です。
これはトルクフル、上も純正より回ります。
出品者さんはバイクやで取り付け、バイクやで外し、この状態で乗っていたということですがそれが本当ならよいところを知らずに手放したことに・・・。

しかし、純正マフラーでも真っ白だったプラグを見るとジェッティングが薄いのは明らかです。
春にあけようと思い、整備せいの悪さからあきらめたキャブに着手します。

RIMG0490.jpg

外装、タンク、電装系がついている箱をずらし、排気浄化システム?AIバルブを取り外しとにかく面倒。
やっとたどり着きました。

RIMG0489.jpg

さて、ジェットは手持ちのミクニのMJが使えるだろうと思ったのですがセローのキャブはTEIKEIと書いてあります。
ケイヒンか、ミクニだろうとたかをくくっていたのですが違いました。
ケイヒン、ミクニなら売ってるが、これは取り寄せだな・・・とおもいましたが、行きつけのバイクやにいったらこのセローの前オーナーの保管品がありました。

RIMG0507.jpg

前オーナーも、あまりにもプラグが白くその上、AIキャンセルでやばいということになり1番手挙げていたようです。純正135→138
何度もあけるのは面倒だし、感じ的にもう少し濃い目かなという感じなので140番を取り付け。

町内一周してみると、なかなかいいです。
プロトより指定の枚数を教えてもらい皿の組み換え。
皿が減ったこととMJあげたことによりパタついていた音も、音量も収まりました。

で、乗ってみると下のトルクがいいです。上は皿の枚数減った分か回らなくなりましたがセローはいいとこ80kmくらい、林道ではもちろんそれ以下。
100kmはめったに出さないでしょうからこのあたりがいいのかも。

プラグを見てみるとまだ白いですがちょっとしか乗ってませんのでなんともいえません。
写真では真っ白ですが実際はもうちょっと焼けています。

RIMG0502.jpg

純正マフラーのときはこのくらい白かったです。
MJをもう1番手あげて試してみたいきもしますがとりあえずはこの番手で大丈夫そうです。
というか、面倒でやる気になりません。

あとは、皿の枚数を変えてみます。
皿の枚数で、大きくジェッティングは変わらない気がしてきましたしトルクカーブをどこへ持っていくかを自在に変えられます。
皿の枚数は、音量を変えるためではありませんね。

オフ車はエアクリボックス残しますし、トルクは落としたく無くない。
音も、セッティングだしてちゃんとエンドキャップ付ければうるさくないようです。
小排気量シングルにスーパートラップ大正解だとおもいます。

このマフラー、オープンエンド(直管状態)で乗るのはもったいないです。

RIMG0495.jpg
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。