ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


限界
Category:  
まだ車が治りません。

代車はカローラバン
そろそろ、限界です。

bodycolor_img_car01.jpg

ビッツにしてもカローラにしてもどうしてこう運転しにくいんだろうか。
私にはスムーズに運転できません。オートマに不慣れって言うのもあるんだけど。

アクセル。アクセルをちょっと踏むと必要以上に回転があがり、ロックアップしたとおもうと
今度はパワーがなりなくてまた回転があがる。だから、スイッチのようにガバッとアクセルを開けることになる。

ブレーキ。最初だけ急に立ち上がる。信号で止まるたびにがっくんとなってスムーズにとまれないなので
ラフに踏むことになる。

ハンドル。中立付近の反応が全くといっていいほどなく何を頼りに運転してよいのかわからない。
ふらふらしてしまう。

こうゆう車にのってると、運転雑になると思います。
なんでそんな運転するの?っていうドライバーが多くなった気がしますがちょっとわかる気がします。
運転している感覚がないです。

なんか、ビッツもそうでしたが乗っていてイライラするんですよね。自分だけかも。
遅いとかそうゆうことはどうでも良いんですが、どうしてこいうも操作以上のことが起こったり、
おこらなかったり。

反面、トヨタの商用車はとても運転しやすい。ハイエースやプロボックスなんかはとてもいいと思う。
余計な制御はいらないと思う。
さすがに雪が降る前に直ってくると思うが、こんな車で雪道はいやだ。

全く私の主観なので、乗っている方は気にしないでください。
スポンサーサイト


2CELLOS
Category: その他  
テレビでたまたま見たんですが、チェロでロックだそうで。
かっこいいですね。
CD買ってみるかな。


ロードバイク試乗
Category: バイク  
出張で関東まで来たので、ロードバイクの試乗をしてきました。
キャノンデールのCAAD10というのに乗ってみたかったのですが
北海道で試乗出来るショップがないようで。

この自転車はフレームがアルミで出来ていますが、他社だとカーボン
フレームが買える値段です。
ですが、インプレッションでは悪いことは書いていなく乗り心地も良く、
同クラスのカーボン以上という評価もちらほら。
最高峰のアルミバイクとはどんなものかと興味が。

お目当てのショップに行き、アルミとカーボンってどんな違いあるんで
すかね?と白々しく聞いてみる。2台あるので乗って見ますか?と。
待っていましたその言葉。

試乗コースは1.5kmほどでアップダウンもあり。これだけ乗れれば
なんとなく分かるかな?
この辺の道分かりますか?と聞かれたけど分かるわけも無く・・・。
試乗だけが目的とばれると申し訳ないのでそれらしい話も交えつつ。

いざ CAAD10 アルテグラ

caad10.jpg

自転車を渡され、軽いことは軽い(持った重さ)が乗ってみると・・・
なんて軽さだ!!驚きました。踏めば、後ろからアシストされているような加速。
評判の乗り心地というのは、自分にはリファレンスが乏しいため良く分からず。
でも、乗り心地は悪くない。
コース中の激坂に突入、たちこぎしてみる。まさにこいだらこいだ分だけ、いや
それ以上。下りの怖さも無くこりゃ、楽しい。

続いて、supersix アルテグラ
何が違うんだって?
こちらはフルカーボンとなります。

supersix.jpg

同じく、自転車を手渡され、さっきより軽いことは実感。
さて、漕ぎ出し。ん!!あれ?重い?か?

なんか、ゴムが一枚噛んでいるような感覚。滑らかといえばそうかもしれない。
同じスピードは出ているのかもしれないけど、出ている気がしない。
こいだら即答のCAADとは違って、なんか良くわかんない。
でも、乗り心地はやっぱりいい。サスペンションがついているみたい。
CAADとは突き上げこそ同じようなもんだけど、微振動がぜんぜん違う。
カーボンは本当に微振動が無い。
自分の太いタイヤはいたマウンテンより良いじゃ??
ただ、こいつのよさを感じるのは1.5kmの試乗じゃ分からないようだ。

ロードバイクの経験は、ショップの試乗でジャイアントTCRアドバンスと、
コンポジット。これは平地100mくらいを往復。
あとは、ルイガノの最モデルのアルミと、18万クラスのカーボンは裏パノラマ
で試乗。

ジャイアントは試乗のうちに入らないが、乗った中ではcaad10がもっとも
面白いと思った。
ルイガノのカーボンであれ?乗り味はあんまり軽くない??と感じたものは
カーボン特有のものなのか?良く分からない。
ジャイアントのコンポジ借りれるけどなかなか時間が・・・。

今回の自転車はほとんど部品が同じで、フレームが違うだけ。
正直、自分には違いが分からないと思っていたが、こんなに違うとは
思わなかった。フレームだけでこの違い。奥が深い。


金花湯
Category: 温泉  
北海道の温泉好きなら一度は聞いたことがあるであろう島牧の金花湯
山の中に、すごい湯があるというが人を拒むように行くのが困難で行けないといううわさもある。

念願かなって金花湯を目指すことになった。
ジムニー軍団がちょっとまえに行っているとう情報も。
最初は普通の林道。
そして、最初にして最大の難所。

このラインは遠慮し、

RIMG0144_20111023210141.jpg

こちらを押しながら。
RIMG0147.jpg

途中休憩。
RIMG0149.jpg

薮漕ぎはあたりまえ、ちょっとした川渡り数本

途中の写真は撮る時間がありませんでしたが

やっとたどり着きました。
これが、幻の金花湯かぁ

ジムニー軍団の置き土産がありました。
ここまで車で来るって、半端じゃないです。
道と湯船の整備?もしてくれたようです。

RIMG0154_20111023205617.jpg


川沿いには空中露天風呂
ずっと入っていたいですが、帰路もあるのでそこそこに。

RIMG0162_20111023205655.jpg

とちゅう、沼?を見に行き紅葉も綺麗でした。

RIMG0189_20111023205800.jpg


人数と、知っている人がいないといけませんが話に聞くとおりすんごい温泉でした。
途中2人組が徒歩で下っていました。歩いていったのでしょう。

ここよりは遥かにアクセスが楽だけど、湯は近いものがある岩内の朝日温泉
ここも、道が流されて再開のめどが立たないようですが行きたいですねぇ。
再開され流されるまでの数年間。何度か行っておいて良かった。
再開を他力で待つだけではだめですかねぇ。


高い
Category: その他  
30歳の記念に買った機械式時計なんですが、定期的なオーバーホールが必要と
言われています。
数年前3.5万くらい~ と聞いていたんですが出そうかなと聞いてみると5.5万~。
高すぎないか・・・。

たしかに、時計自体の価格も自分が買ったころより1.5倍くらいになってるし。
壊れるまでそのまま使うってのもありと当時は思っていたけど、これだけ値段が上がってるし
記念に買った時計だしね・・・。


パンク
Category: バイク  
ダホンの空気がゆっくり抜ける。
バルブかと思って前後入れ替えたが変化なし。

パンク修理。
タイヤ外して、チューブ出し今回はチューブごと交換。
パッチでも直るけど面倒になり・・・。

RIMG0130.jpg

それにしても、オートバイに比べたら簡単すぎる。
一応、タイヤの裏側をチェックすると刺さっていました。

RIMG0131_20111013221051.jpg

チェック怠らず良かった。



道南ツーリングday2
Category: バイク  
目覚め。
朝の6時から大騒ぎの隣のファミリー・・・。
本当にうるさい。

RIMG0087.jpg

八雲まで走り、42号線から夏路林道、奥富林道で今金まで行く。

ここの入り口はわかりにくい。
途中まで畑の道を走って林道になる。
GPSがないとわからないですね。

RIMG0090_20111002233058.jpg

RIMG0095_20111002233120.jpg

RIMG0098.jpg

林道の分岐ってどうしてこんなにわかりにくいんだろう。
看板が、右の事を指しているのか、左なのかわからない。

これで、右の事でした。

RIMG0096.jpg

RIMG0107_20111002233216.jpg

約16キロのはずが少し迷いました。
ガーミンには林道まで入っているので、ナビさせていると思いもよらないところに連れて行かれる
ことがあります。

なんどか、戻ったりしながら230号線にでます。
230出たところで取り締まりやっていましたが、あそこ法定速度で走る人いるんだろうか。
N42.25.16 E140.06.16 です。

230号から少し今金のほうに向かい美利河種川林道でダムのほうに向かいます。
遠回りですが・・・

RIMG0109_20111002233315.jpg

ところどころ、舗装林道になっていたりします。眺めがよいところがありました。

RIMG0111.jpg

RIMG0114.jpg

ここまできたら、奥美利河温泉。
ここは、露天が見えやすい地形上、写真を撮ることを禁止しています。
建物は良いそうですが、いろいろ写真を撮ると面倒なようで食事だけ。
きのこがうまかった。昨日採ったばかりだと。

RIMG0116.jpg

セローはパワーがないし、こうゆう舗装林道のくねくねは楽しくないんじゃないかと思っていました。
が、これが、かなり楽しい。
ガツンと減速して、ドンと加速する。なんてことは出来ませんが、軽いバイクで、ストロークあるサスで
ヒラヒラと走るのはとても楽しいです。
このタイヤなら、アスファルトはオンロードバイクと変わりません。
Dトラッカーも楽しかったけど、やっぱり私は大きいタイヤのほうが好きですね。
17インチはスッとフロント入って曲がりやすいんですがなんか好きになれない。

RIMG0118_20111002235113.jpg

ツーリングも終盤。
洞爺湖から東湖畔林道で北湯沢に抜けます。
ここは、湖一望できる場所があったりとても眺めが良いです。
車でもこれます。

RIMG0120_20111002233502.jpg

RIMG0123.jpg

RIMG0126_20111002233536.jpg


ここからは、美笛周りで帰宅。

林道は60キロ以上走りました。
道南のツーリングは面白い道がないので、寒い時期に行くくらいであまり好きではありませんでした。
でも、今回ので楽しみ方が判った気がします。
結構、林道をつないで目的地に近づけること。(ちなみに今回のルートにゲートはありませんでした)
しっぽりした温泉が多いこと。
道東はそこまでいくのが結構つらいしスケールがでかいくてかなり時間が必要。
道南は疲れたら高速道路という抜け道もあるし。

燃費はキャンプ道具積んで、特に気にしなくても39~35くらい。林道はいると35くらいですね。
4気筒の2倍は走るんじゃないか?
セローのタンクは約10Lなので、250kmは安心して走れることになります。
サスのストロークもあり、荒れたアスファルトも乗り心地よく、多少風に弱いのはあるが
荷物つんでもそれほど、乗りにくくはない。
シートはツーリングシートだと痛くならないが、私の体格だとあと3~5センチ高くても良いです。
ステップが高いので、膝のまがりが窮屈です。
パワーはないけど、実用トルクが気持ちよく乗るたびにいいバイクだなぁと思います。
ツーリングは純正マフラーがいいですね。キャンプ場でも気を使わないし。
願わくば、純正の軽量マフラーというのがあればいいのに。

タイヤはD604でしたが、林道でもまぁまぁです。浮き砂利は滑ったら止まらないです。
横方向のグリップが少し弱い気がします。
エアーを落とせばもう少し利くと思いますが、パンクのことを考えると落とせません。
アスファルトは文句なしです。今回のようなツーリングならIRCの110が良さげ。

ビッグオフでキャンプ道具積んで林道走れる腕はないし旅道具としてのセローは最高だと思いました。
昔は、オフロードバイクでツーリングなんて理解できなかったけどこうゆう楽しみ方が出来るバイクに
乗っちゃうと、もうオンロードバイクでの旅は出来ないかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。