ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ON/OFFタイヤ
Category: バイク  
まっぷるを眺めているとダートを使えば近道になったり、行った事の無いところに
いけたり。
ゲートさえなければツーリングまっぷるにのっている北海道の林道はW650でもほとんど
走れます。多分。
セローを持っていないころ、W650であえて林道を走り回っていたこともあります。
やっぱ、気は使いますし、通過はできるかなという感じです。

普段のセローの使い方は林道メインなのでトライアルタイヤです。
アスファルトもまぁ、走れるのですが調子こくとブロックに亀裂が入るのとタイヤが
やわらかいのでちょっと気を使います。

ガソリンもじわじわ上がっていますし燃費も良く道を選ばないセローにON/OFFタイヤを
つけたらどうか。
キャブを変えたのでどうか分かりませんが、アスファルトツーリング+林道だと楽に30km/Lは超えます。
たぶん、まったりペースだと35くらいだと思います。


こうゆうかなりON指向の強いタイヤや、逆にOFF指向のつよい純正タイヤみたいのはあるん
ですが中間でリアチューブレスとなると余りありません。
チューブ入れてもいいんですが、せっかくだからチューブレスで行きたい。

IRC GP-210

main_02.jpg

中間で、リアチューブレスで行きたいとなるとこれがいいのかなぁ

IRC GP-110

main_01.jpg

これで、アスファルトの移動気を使わないかな?って気もしますが林道を交えた
ツーリングをするならよさそう。
これで、セローがメインバイクに昇格か。
ホイールがもう1セットあればなぁ。

タイヤしだいでどんな使い方もできるオフ車って万能ですね。
スポンサーサイト


予定外の出費
Category: その他  
メインPCが壊れました・・・。

30分くらいたつとフリーズ、BIOS画面でもフリーズするのでもうだめです。
だめもとで、リカバリーしましたが途中でフリーズ。


めったに使わないネットブックを使ってます。
さすがに画面が小さいですが、まぁ使えます。

さて、メインPCをどうするか。
昔は自作してましたが、今は逆に割高。
PCショップオリジナルにします。


セロー キャブ交換
Category: バイク  
セローのキャブは一般的な負圧キャブです。
でも私は、強制開閉キャブが好きです。

そんな、カスタムをしているセローに得意なショップもありますが遠方なので
もって行くことは不可能です。
TTR250の純正、TKのY30Pを使っている、少し加工が必要だということは分かっていましたが
実際にやってもらった友達から、断片的な情報をもらい自分でできるんじゃないか?
ってことで、やってみました。

Y30P スロットルをひねるとダイレクトにキャブのスロットルバルブを開け閉めします。


RIMG0846 (640x480) (480x360)1

対して負圧キャブはスロットルで空気の流入を制御し、エンジンの負圧でキャブの
スロットルバルブが開きます。もちろん、扱いやすいというメリットがあるので
一般的になっています。

セローの純正キャブより前後が長いのでエアクリボックスが納まりません。
ということで、エアクリボックスを加工します。

RIMG0787 (640x480) (480x360)1

これで、ゴムのダクトを押し込んでバスコークでコーキングします。


こんな感じで取り付けます。

RIMG0882 (640x480) (640x480) (480x360)1


やってみると、正規の取り付け溝からちょうど一段押し込んだところでダクトが収まります。

スロットルワイヤがーが長いので、ワイヤーを切ってエンドの太鼓を真鍮の社外部品に変えます。

さて、エンジンがあっけなくかかって、実走。

スロットルオフでエンストしたり、アイドリングからあけたときにエンストする。
これは、非常に濃いか、非常に薄いかどっちかの症状。
マフラーパンパン言わないし、重い感じなので濃いと判断。

でも、憶測は遠回り。
こんなときはプラグを見るのが一番の近道。
プラグはうそをつきません。

左のプラグ、中央はまあまあなのと回ってしまえば調子いいのでMJはあっている感じ。
外周にカーボンが載り低速は案の定濃いのでニードルのクリップを一段のあげて全体を薄く
パイロットスクリューで濃い目にセッティングしてほぼいい感じ。

リセッティング後、右の状態。
中央は走行が少ないため、真っ白ですが距離走れば焼けます。り多分ベスト。
スロー系は実走であわせていきましたが、こんなもんでしょう。

RIMG0847 (640x480) (480x360)1


強制開閉らしく、きびきび、パワフルになりました。
燃費は林道走行で31km/h。純正キャブで林道走ると30割るのがしばしばでしたから遜色ない
か良いくらい。

アイドリング付近からのフロントアップとかではややシビアですがパイロットスクリューの調整で
大分よくなりました。

いつも抜けられるところが工事中で、川を走ってみます。
でも、一人では怖いので折り返し。

RIMG0863 (640x480) (480x360)1


オフロードでの低速の扱いやすさは負圧キャブのよさも感じますね。
でも、やっぱり強制開閉は楽しいです。


使いにくくなるツーリングマップル
Category: バイク  
2006年度版のツーリングマップルも古くなってきたので新調しました。
北海道の道路はそんなに変わらないですけどね。

RIMG0869.jpg

さてさて、どう変わったか。

やっぱりこれは変わってないんですよね・・・。

RIMG0880.jpg

プランニングマップなる1/20万の地図なんですが、北海道全体が見えるように?一枚に
なってます。
2006年度版もそうでしたがこれが、非常に使いにくい。

RIMG0879.jpg

開くとぐちゃぐちゃになるし、大きすぎてみたいところ見にくいし、風なんてあったらもう
開く気がなくなります。
2006年度版買ったときは、使いにくくてしばらく2000年度版も持って走ってました。


さて、そんなプランニングマップですが2000年度版はこんな感じでした。

RIMG0878.jpg

これ、非常に使いやすかったですよ。
大まかなルートを考えるのには非常に便利。
今この辺だから、詳細地図は何ページってのがすぐわかったし。

2006年度版はしょうがないので切って乗りで貼りました。足りない分はカラーコピーで。

RIMG0877.jpg

そして、2010年度版でさらに使いにくくなりました。

2000年度版

RIMG0875.jpg

2006年度版

RIMG0871.jpg

2010年度版

RIMG0874.jpg

この省略には参りました。
これじゃ、本当に使えないプランニングマップです。

あぁ、これじゃ、2006年度版のほうがまだいいわ。

幸い2006年度版と区切りが同じなのでだれかのコピーしてもらおうかな…。

なんで、新しくなるたびに使いにくくなるのでしょう?
ほかに良いのがあれば、それでもいいんですけどね。
やっぱ、ツーリングマップといえばこれ・・・。


KLX125
Category: バイク  
買っちゃいましたカワサキからでたKLX125です。

RIMG0845.jpg

買ったというのは嘘です。
友達が買ったので初乗りツーリングです。
KLX250と通じるデザインでなかなかかっこいいですね。

私はWでいきましたが、合流した第一声が「危険だから慣らしはやめた~」
確かに4スト125ccで狩勝で南富良野集合ですからならしでは追突されそうですよね。
原付でツーリングしてる人ってあれは、あれで、スピードが出ない危険があるんだなぁ。

RIMG0829.jpg

久しぶりのかなやま湖。KLX先導で走りましたがここの細かいコーナーでは、はっきり言って
油断すると着いていけません。KLXのほうはずっとほぼ全開であまり減速しなくてもスーッと
曲がっていきますが、Wで同じようにダラーっと着いて行くことはできないですね~。
Dトラッカーのときもそんな感じだったなぁ。

最初ペースが合わないんじゃないかと思いましたが、Wのツーリングペースとなら十分つりあいます。


麓郷までいってから、富良野でラーメンを食べ桂沢経由で夕張です。

RIMG0842.jpg

夕張まで乗らせてもらいましたが、はっきり言って非力です。
でも、これくらいでもいいんじゃない?とも思います。十分ですよ。
パワーあるバイクのようにスロットルを開けられないストレスはありません。(笑)

80巡航は十分可能ですし、桂沢から夕張の登りでもいいペースであがっていけます。
ほんと、何もしなくても曲がっていく感じ。
コーナー倒してからすでにほぼ全開なので立ち上がりの時に、加速でトラクションを感じながらと
いうのはできません。
でも、これ、Dトラもコーナーリングスピードが高いけど立ち上がりはすでに全開で似たようなもんでしたよ。
追い越しも60→80くらいまでは十分加速するので何とかなります。
音は、走っていると聞こえないくらい静かです。

これは、紛れも無いオフロードバイクなので砂利道行ったらまた違うと思います。
これだけ軽いので何とでもなりそうで、どこにでも挑戦できる感じがします。
非力な分で、逆に難しい所もあるでしょうけどね。
あぁ、林道行きたいなぁ。

KLX125よりたぶんKSR80のほうが速いでしょう。
DT50に乗った感じに似てますね。2ストってやっぱりすごいですね。
DT50やDT125もかなりよかったですよ。フラットで乗りやすいんですよね。
カワサキがこれ出したから、ヤマハもなんか出さないかなぁ。
2ストで。笑
今の技術で、インジェクションで2スト125出したら静かで、煙あまり出なくて
フラットトルクで乗りやすい2ストができそうなのになぁ。
ツーリングでは相当けつが痛いですね。これはDトラと同じです。
セローはトレッキングバイクのせいかシートは相当優秀です。ツーリングでも十分いけます。

個人的にKLX125は、入門のバイクではないと思います。
ある程度バイクを知ってからだと面白いバイクだと思いますよ。
30万円は、安くは無いですが新車の125で、インジェクションで新設計ならがんばってる値段
だと思います。
ニンジャの250もそうですが、カワサキの値段設定は安いのが多いと思います。

KLX125はパーツが結構出ているようでボアアップキットもすでに出ています。
これ組んだら、かなりいいと思います。

この大きさなら、普通の1BOXにも十分乗りますね。
サンバーだとかなり楽だそうです。まぁ、サンバーはW650も乗るそうですから…。

サンバーいいなぁ。レガシから乗り換えようかな。笑

オフ車持ってない方、いかがですか~。
オフロードは本当に楽しいですよ。
80km/hが止まっているかのように感じるバイクとはまた違う世界ですよ~。


自称花粉症
Category: 未分類  
去年あたりからこの時期は鼻水、くしゃみ、涙目になります。
くしゃみは通年なんですが…。

去年病院に行って「花粉症のような症状なんですが」というと
「じゃ、花粉症だね」と終了したためアレルギー試験をしていません。

でも、やっぱり花粉症です。鼻水、くしゃみが止まりません。
去年は熱っぽくなり頭がボーっとしていましたが今年はまだそこまで行って
ないようです。

マスク以外にも数々のグッズが出ていますが

イオンの力で見えないヴェールを作るらしいです。

box2_img.jpg

効果ないように思うでしょう?ほんと効果ないです。私には。
鼻水でて、すぐに拭いちゃうし。
鼻の中に突っ込むマスクいいかも。

前に買った鼻うがいを思い出してやってみました。

2-img_02.jpg

これは、防衛にはなりませんが鼻がスッとしてとても。
本当は、鼻から入れて口から出すのですがまだうまくいきません。
洗浄液と鼻水まみれになりますが上達すればさらにいいでしょう。

自宅ではシャープのプラズマクラスター空気清浄機&加湿器の複合機を使っています。
いまは、加湿はしていませんが家では鼻が落ち着きます。
プラズマクラスターもうそ臭いですが、空気清浄機はあると違うのかも。

外に出たり、会社ではだめですねぇ。

あぁ、林道走りたいんだけど花粉がなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。