ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新車
Category: バイク  
18年くらい乗っていたママチャリ。
高校のときは雨の日も、風の日も片道10kmくらいを往復し、
冬の条件のいい日はバス停まで、専門学校のときも、社会人になってからも
乗り倒した自転車。
考えてみれば、今までで一番付き合いの長い乗り物です。

パナソニックのママチャリでしたが、ホーマックの安物だったらここまで
持たなかっただろうなと思います。

タイヤ交換数回、ペダル交換、チューブ交換、ワイヤー交換とやってきたが
さすがにもう乗換えかと。

マウンテンはあっても、ママチャリ代わりになるものは結構必要なんで。
雨が降りそうなときに駅までとか、ちょっとその辺とか。

といいつつ、実際野ざらしにできないので…。
ほしかっただけなのかもしれませんが。


ホーマックのママチャリにしようか、それかちゃんとしたブリジストンとかのママチャリにしようか。
でも、高いし。
ちょっと、面白さをだしてミニベロのスポーツタイプか。

と、悩みましたが我に返り全天候型のシティーサイクルを。

2010_05_16_0131.jpg


ダホンはこれのひとつ上からがまともなダホン。といわれますがちょっと高いのと、泥除けがオプション
になるので、多くは求めず割り切りました。
一番エントリーモデルで、アルミフレーム、泥除けが標準装備。別にこれで本格的に走るわけじゃないし。

折りたたみは非常に簡単で、30秒程度。

RIMG0762.jpg

うれしい誤算は、意外に安定していて良く走る。
あまり評価のされない、一番安いモデルですが足に使うには十分ですよ。
逆に、これだけ走るならもうちょっと良いのでもという妄想が沸いてしまいますが。

その辺のママチャリよりは確実に軽快だし、思いのほか速いです。
ただ、私の体格ではシート高の高さ制限からベストな状態にできず足を伸ばしきれません。

170cm前後の身長の方なら踏み切れる高さにできると思うのでさらに軽快に走れると思いますよ。
それにしても、一般的なママチャリってなんであんなに進まないんでしょう。
スポンサーサイト


グッチ
Category: バイク  
デュアルパーパスの形も許容範囲になったとはいえやっぱこうゆうのいいです。

モトグッツィー V7クラシック

1.jpg

縦置き空冷Vツイン。OHV。シャフトドライブ。言うことなし。
イタ車で、北海道にディーラーがないグッチ。まぁ、買わないけど覚悟は必要でしょうね。

これのインプレがまたどんぴしゃ。

インプレ


速度域はハーレー以上、BM未満。
ゆっくり流しても相当楽しそう。

速いバイクはたくさんあるけど、ゆっくり走っても楽しいバイクはそんなに無いものです。
そうゆう意味ではやっぱ原付二種だな。


朝日温泉
Category: バイク  
所用があったので岩内へ。
天気がいいので、ツーリングもかねてバイクで行ってきました。

たんぼから湯気が出ています。外気のほうが冷たいんでしょうね。

RIMG0793.jpg

ちなみにパノラマは開通未定となっていました。


時間が取れたので、デラックスな温泉へ。

RIMG0799.jpg

RIMG0802.jpg

さて、急な上り坂のダートが約4kmほど続くのですがずいぶんと道が良くなってます。
結構快適にたどり着きました。
やっぱり、私のツーリングバイクはこの程度のダートが走破できないとだめです。


RIMG0820.jpg

経営者が変わった?とのことですが、とても愛想のいい人でした。
男湯からは露天にアクセスできるようになったとのこと。
でも、二つ目の手すり壊れたから気をつけてと。


RIMG0806.jpg

やっぱここの醍醐味は露天。

RIMG0808.jpg

RIMG0809.jpg


うわっ、けっこうおっかねぇ。

湯船につかる前に、チクッとした。ブヨにかじられた。
湯船につかるとひりひりした。

RIMG0818.jpg

半身浴したくても、また餌食になるのでずっと肩まで浸かっていなければなりません。
ま、でもここのお湯はレベルがちょっと違いますね。
あがってから、本領を発揮します。

RIMG0821.jpg

どうしても、水が流れているので汚れてしまいますが道が良くなったので行き易くなりました。

帰ってきて、何箇所がかじられたようで。かゆい。

さて、スコットオイラーの威力はというと。
ダート走行後にチェーンにブラシかけないで水だけでこんな感じです。


RIMG0822.jpg

ホイルに付いた汚れも水だけで落ちるし、砂利走ってきてこれは十分きれいです。
このあと、走れば勝手に給油されるわけですからほんといいですよこれ。
先日の積丹のときからメンテしてないですから、本当にほぼノーメンテでいけますね。
お勧めです。


温泉、桜
Category: バイク  
やっと暖かくなってきましたね~。
パノラマもまだ開いてないし(今はどうなんでしょ)RZで峠にはまだ寒いし
やっぱ、温泉でしょ。


RIMG0717.jpg

温泉しかないところに、ここまで書かなくてもわかる…。
このB級感、俄然やる気が…。

前から気になっていた古平の温泉へ。
学校を改築しただけあってなんだか懐かしい。

RIMG0710.jpg

写真には収められませんでしたが、ここのお湯の色はすごい。
オレンジのポンジュースをちょっと黒くした感じといえばよいか。
まさに、あの果汁のざらざら感までもがあるんです。
塩素は使ってるようですが、あがってからの汗ので塩梅はなかなかのもんです。

地元のご老人が多いようで、二回の休憩所ではさっき湯船にいたじいちゃんがカレイの
煮つけといっぱいやってる。さすがこの地方ならでは。
食堂にカレイの煮つけだもんな。


天気もいいので海沿いを走って、積丹ブルーへ。
このトンネルを抜けると

RIMG0718.jpg

ん~。きれいだけど、夏のブルーにはちょっと及ばないな~。

RIMG0725.jpg

このまま、もうちょっと行けば、発泡が堪能できるシララ温泉があるのだがやめておきます。

途中で桜を。

RIMG0753.jpg

RIMG0775.jpg

赤井川の旧落合小学校の桜を見たかったがまだ咲いてませんでした。
校舎はなくなってしまいましたが、
あそこの桜、なんか凛としていて好きなんですよね~。


シングルっていいんじゃないかな
Category: バイク  
2代目W650に乗り換えるとき、ツインのデュアルパーパス的なモデルに興味があった。

トライアンフのタイガー、ドカティーのムルティストラーダ、カワサキのヴェルシス。
でも、どうしてもデザインが奇抜だったり、17インチオンロードよりであったり、で結局は選択しなかった。
タイガーの旧モデルは19インチで1,2年乗ってみても良かったかと思ってますが。
ムルティストラーダはめっちゃ高価なバイクになって、モンスターも、ムルティも結局は
オンロードのスーパースポーツ的にしてしまうのはこれはお国柄なんでしょうか。残念です。

BMWのF650GSは当時シングルでこれがツインだったらとと思ったもんですが今はツインの800で発売されてます。
高いですが。


f650gs01.jpg

でも、今となっては当時のF650GSってすごくいいんじゃない?って思う。

ダカール

こちら、ゆにまるさんが乗っているダカール。このビッグシングルってオンロードツーリング、短距離、長距離
ちょっとしたダートどれをとってもいいんじゃないかと最近思う。
足つきも問題なさそう。


カワサキのヴェルシスが19インチだったらってのは今でも思います。
試乗しましたが、この奇抜なデザインを受けいれられればとてもいいバイクです。
楽しいです。

versys.jpg

この価格設定は良心的です。もっと売れてよいバイクだと思うんですが。
何度も書きますが、19インチだったら。


ヤマハのスーパーテネレ

スーパーテネレ

これが、国内に入ってくるそうです。がしかし確か260kgを超え、価格も高い。
これなら、BMWのGSにしてしまうでしょう。

ヤマハのXT660

XT660R.jpg

こちらはシングル。ヤマハにしてはちょっと野暮ったいデザイン。がこれも結構高い上にマイナー。

ヤマハのWR250

wr250r.jpg

これは、試乗して良い意味で裏切られた。250のオフ車で70万円。もうレーサーのような感じなのかと思ったら
とっても乗りやすく、しっかりしていて、パワーも穏やかで、かつ十分パワフル。
山の中でセローのように走れるかと言われれば、ちょっと私の技量では無理ですがこれだけしっかりしていて、パワフルならツーリングバイクでも十分いいです。
乗れば、納得できる価格、見た目はあと20万安くてもと思うバイク。
ま、たぶん内容からすると安いんだと思う。


KTM 690 エンデューロ

690_Enduro.jpg

こちらは、hossyさんが所有のKTMの690。
KTMと聞くだけでレーサーに思ってしまいますがとても乗りやすいらく、しかも楽しいらしいです。
足つきは良くないようですがhossyさん、絶賛です。
インジェクションコントローラーで、簡単に出力特性を変えられて林道でアンダーパワーに、
ガツンといきたい場合は、ポンポンフロント浮くくらいにと変えられるそうです。
この辺はインジェクションの威力ですね。


オーナーさんには悪いですが、オンロードバイクから始まった私にはどうしても、プラスチック丸出しの
バイクが受け入れられませんでしたが、セローに乗るようになって違和感なくなりました。
エンジンも、やっぱりツインと思っていましたがシングルってのもいいですね。

BMWのダカールやKTM690は比較的軽いしよさそうです

この辺を受け入れられば、ツーリングで楽しめるバイクってのはまだまだあるのかもしれません。
オフの楽しみを教えてくれたセローはとっても気に入っています。
いいなぁ、とは思っていましたがこんなに気に入るとは思っていませんでした。
オンロードバイクとつるまなければ、十分ツーリングもできます。


BS民放
Category:  
BSって結構面白いですよね。

私がキーワード登録で録画している番組

車好きな方にお勧めの番組

・カーグラ
・所さんの世田谷ベース
・top gear

自転車好きには

・自転車選科


top gear結構面白いですよ。水陸両用車を作って海に沈んだり、ハイパフォーマンス車で走り回ったり。

ぜひみてください。


チェーンの掃除は好きですか?
Category: バイク  
バイクメンテナンスの中で一番嫌いなのがチェーンの掃除。
これを5回やれといわれたら、RZの腰上OHのほうが気分的には楽です。

汚いし、面倒だけどサボるとあっという間に固着。
ロングツーリングでは小さいチェーンオイルを持っていくこともありました。

ロングツーリングの前は必ず必要ですし、帰ってきた後も大体一度は雨に当たるのでチェーンだけはやって
おかないとあっという間にさびてしまいます。
これが、いろいろツーリングの準備してあぁ、チェーンやってないわ…、とかクタクタになって帰ってきた
跡にやるかと思うとそれはもう気が重くなるわけです。

飛びにくいオイルを使えばホイルやチェーンに付いた汚れはなかなか取れないし、注油という意味では
オイルが回りにくいでしょうし困ったものです。
ベルトのハーレーや、シャフト車がうらやましいです。

前から気になっていた、自動給油装置を導入しました。

スコットオイラー

http://www.web-prom.com/scottoiler-jp/

エンジンの負圧を利用してオイルが供給されるシステムです。
これで、ほぼメンテナンスフリーになるそうなんです。

早速取り付けてみました。

本体

RIMG0672.jpg

給油部

マフラーに隠れるため見にくいですがスイングアームに這わせてスプロケに供給されるように取り付けます。

RIMG0668.jpg

チェーンの掃除を軽くして200kmほど走行
あまり写真が良くないですが、もともとの汚れが浮かび上がってきている感じです。
取り付け前よりきれいになってるのは明らかです。
通常のチェーンオイルから比べると格段に汚れませんし、オイルがやわらかいので汚れも飛んでしまいます。

RIMG0667.jpg

とんだ汚れは、ケミカルは使用せずウエスでさっと取れます。

RIMG0669.jpg

チェーンもケミカルもブラシも使わずウエスでさっと拭くだけでこのくらいにはすぐきれいになります。

RIMG0670.jpg

もともとの汚れと思われるものが、まだ飛んできますが落ち着けばたぶんそんなに飛ばないでしょう。
オイル量の調整によるところもありますが。
今は、経過を見たくてふき取ったりしてますが落ち着いたらホイルを拭く程度でチェーンに関しては
ほんとメンテフリーかも。

これで、絶えずチェーンにオイルが供給されているので一石二鳥。

長い目で見るとチェーンオイルとチェーンクリーナーって結構高いのですよね。
スコットオイラーはやや高いかもしれませんがほぼメンテフリーになり、汚れにくいとなれば
結果的には安いと思いました。
常に注油されるのでチェーンの寿命も飛躍的に延びるそうです。

セローだと草とか絡みそうですがこの便利さを体感すると…。

自動給油装置ですが、汚れにくいことに感激しました。
もうちょっと長いこと使ってみないとわかりませんが、現段階では超お勧めです。


自転車始動
Category: バイク  
腰痛もかなり良くなり、自転車にどんどん乗ってよいと許可が出ています。
引き続き、病院と自宅では筋トレのリハビリを続けています。
続けているかな…。

病院で教えてもらっているのは体を支えるための筋力ですが足なんかを触ると
明らかに筋力がついたのは自分でも実感できます。
それでも、細いんですが…。

GWは混んでるし、取り締まりきついし、バイクにとってはそんなに楽しめません。
寝坊したのもあり、バイクに乗る感じでもなかったのでキタヒロまで自転車に乗ってみます。

RIMG0658.jpg

サイクリングロードの終点、キタヒロの駅までは行きませんでした。
なんか、去年より体の状態がいいのかもしれません。
意図的ではあるのですが、登りでは立ち漕ぎをするように乗ってみました。

去年までは、立ち漕ぎをする筋力が無かったのですが今年はできる気がします。
割とペースもよく休憩無しでたどり着きました。

ストレッチをして折り返し。
途中で一台マウンテンが付かず、離れず、ずっと後に着いてきて…
がんばってしまいました。
後のほうが、抵抗少ないので圧倒的に楽ですからね。でも普通のオフロードタイヤだった。

今回の成果。片道40分くらいかな。

RIMG0660.jpg

引き続き、腰痛対策の筋トレしてパノラマに登るからだ作ります。


はじまりはいつも雨
Category: バイク  
っていアスカの曲がありましたが…。

いつもはオフロードでご一緒するhossyさんとツーリングしてきました。
SR500を買ったそうでとっても良い選択だと思います。

天気予報では晴れるはずなんですが、一向に天気が良くなりません。
支笏湖方面に向かったんですが途中から冷たい雨。
聞くところによると、hossyさんも雨男らしく・・・。
雨男が二人そろえばしょうがないですね。

雪解け水と雨と、寒さでちょっと過酷なツーリングになりました。
大滝でギブアップし折り返すころには晴れてきて…。

路肩はまだまだ、雪が残り、林道は雪の中でした。
この分だとオフロードは5月の末でしょうか。

さて、マフラーを静かなのにしてから初のツーリングですが従順で
バタバタする感じが無いのがちょっと寂しいですが音量的に絞りたかった
目的を考えれば疲れず、トルクも滑らかでいい感じです。
ここで、物足りないと元に戻せばまた同じなのでこのまま維持します。

RIMG0638.jpg

ただでさえ、試乗好き。そしてSR500人口は少ない。
そりゃ、乗らせてもらいます。笑

イイです。振動、トルク感、車の後ろで60km/hで走っても苦痛じゃないです。
400と比べると、グルングルンとトルクに乗る感じで振動はマイルドに感じました。
(かりた400が異様に速くいじってあるっぽいのでそのせいかも)
振動とパルス感はさすがにすごいですね。

ハーレーで振動を感じながらなんて思ってる方は一度SR乗ってみたほうがいいかもしれません。
いまのハーレーは走ってしまえば振動ないですから。

これに乗ってしまえば、私のWはマルチ同然。長距離走るには排気量のゆとりと振動の無さが
利点にはなりますが。
SRってほんといいバイクだと思います。

〆のオンロードバイク何にしますかと聞かれたら、私は400でもいいのでSRを筆頭に上げます。
壊れない、国産の安心感であの振動を味わえるのはほかに無いのではと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。