ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


試乗
Category:  
車がやばい。

リア周りから異音がします。診断結果はハブベアリングかブレーキディスク。
私の車はベアリングだけの部品が出なくアッシーなのでちょっと高いようです。
来年車検だし。11万キロだし。スバルでの査定5万円だし。
ん~、乗り続けるならそろそろお金がかかるタイミング。

とりあえず、スバルに行ってみます。
何度か乗っていますが、乗り換えの現実味を帯びていなかったのであんまり
覚えていません。
レガシーのバンの試乗車があいにく出ているとのことでインプレッサに乗る。
スバル+値段なりということで内装はしょぼい。
昔は内装なんてどうでもよかったが、最近は必要。何気に今乗っているトルネオ
の内装が悪くないんですよね。
乗り心地はすごくよく、パワーも十分。値段もやすめ。
だけど、あのクリアテール(大分なれた)と内装が。あと30万くらい高くても
ゴルフのような質感があれば。

そういえば、三菱のギャランにハッチバックが出るという。
しかも話題の?2ペダルMTだ。

crsm0000000002.jpg

とりあえず、現在販売されているセダンの2ペダルMTに試乗する。
三菱のディーラーって行った事あったかな。スバルより暗い雰囲気・・・。

sty00_im_01.jpg

写真で見るよりはまだ、よかったが三菱のデザインはどうもガンダムで嫌いだ。
ちょっとあの子供っぽい形は照れます。
さて、ギャランは2ペダルMT、ターボ、前後LSD、結構気合が入ったモデル。
エンジンの不快な振動が気になった。低速のトルクがあまりなかったし今ではスバルのほうが
洗練された感じがした。
2ペダルMTは走り出してみると思ったよりATの感じで、ちょっと期待はずれ。
ま、峠で走ったらわからないですけどね。


そういえば、夏に乗ったBMWミニは書いたかな。

v27098a.jpg

パワーのあるモデルに乗ったがこれは、乗らないほうがよかった。
すごく面白いのかと思ったけどすごく普通にいい車という感じで一言で言うと
面白くない・・・。
デザインを見て妄想しているだけにすればよかった。
古いのは楽しそうですけどね。

そして乗ってみたいのがこれ。
FIAT500

v32290a.jpg

展示車は見たけど、なんだかこのチープさが良い。
雑誌を見ても乗って楽しいらしい。しかしイタリアン。
外車は買えるのと、所有できるのは、意味が違うと思っているのでなかなか。。。

スポンサーサイト


真空管で聞く
Category: その他  
もともとオーディオ好きでしたが、住宅環境とあんまり真剣に音楽を聴かなくなったので
全部売ってしまって、数年前にミニコンポにした。
いちおう、スピーカーユニットにウッドコーンをしようしたちょっとこだわりのあるミニコンポ
ではあるが。
BGM程度に聞くには聞きやすくて特段問題もなかったのだが。

とある喫茶店でマッキントッシュのセットに出くわしてしまった。
といっても、アップルではなくハイエンドオーディオメーカー。
レガシーのオプションでマッキンのコンポがありますがま、あれは中身は某国産とのこと
です。

マッキンといえば、アンプ。プリメインのアンプで50万くらいからあるんでしょうか。
ちょっとよいのになると100万をこえ、プリとパワーアンプをバラでくむと200万、300万という
とんでもない世界です。これに見合うプレーヤーは50万、スピーカーはペアで200万なんて
のはざら。
なんの世界もそうですがハイエンドは高い。

マッキンはとにかくハイパワーのアンプ。見た目はごついけど出てくる音はとっても繊細で綺麗。
ハイエンドオーディオは音量を上げなくても楽器の輪郭が浮かび上がってきます。


神業
Category: その他  
冬はネタが切れますね。
Youtubeより











世界の馬鹿
Category: その他  
YouTubeより

世界にはとんでもない馬鹿がたくさんいますね~

ロケットチャリ


ロケットスケボー




115psカート




これで競技する発想がすごい。
とんでもないトラックがあるんですね。



スバルも終わりか・・・
Category:  
先日、委託会社さんの人と車の話になった。
私よりちょっと年下。

ずっとこたこたのキャロルに乗っていたので聞いてみた。

「車買わないの?」
 「買いましたよ。納車待ちです。」
「なに買ったの?」
 「ビービーです」
「・・・(なぜ)」

キャロルは見たからにこたこたですが、マニュアル、走りの5速、10数万キロだったそうです。

車に興味を持つのは私の世代ぐらいが最後なのかもしれません。
好みはいろいろあるんだろうけど、車が動く楽しさにまったく興味がないんですね。
それどころか、車にすら興味がない世代がたくさん。
20代前半で車に興味ないって、自分には考えられません。

さて、
トヨタグループ?となったスバルであるがとっても残念なニュースを目にした。

スバル DEX 新発売

http://www.subaru.jp/dex/dex/index.html

081112_1305~0001

よりによって「ビービー」のOEMかい!!

まぁ、単独では経営できないであろうスバルだから傘下に入ったのはしょうがない。
ただ、スバルらしさは続けてほしいな。ただ、もうちょっとデザインを・・・。
来年モデルチェンジですが、現行レガシーが最後のスバル車でしょうね。

それにしても、軽とコンパクトカーがほしくてダイハツを傘下に。
楽しめる車とレガシーバンがほしくて?スバルを傘下に。
すごいですよね。


凍る
Category: バイク  
シーズンオフですが林道に行ってみます。
ところどころ霜が降りたような感じになっていました。
アスファルトでも凍っているところが。

081112_1305~0001

水溜りは凍っておりバリバリっと氷割り。

081112_1337~0001

WRCのコースとなったところも行ってみましたが所々コーナーのイン側が大きく
えぐられていました。
小型重機で補修していました。

冬も乗れるかな?


東北ツーリング4日目
Category: バイク  
東北滞在は最終日。
今日も快晴。東北滞在中はずっと快晴でこれ以上ない天気だった。

朝も電気ポットからくんできたお湯をバーナーにかけコーヒーを飲む。
いや~、便利だ。

IMG_3549.jpg

八甲田あたりを走る。

IMG_3552.jpg

IMG_3555.jpg

このあたりは、マップルには絶景と書いてあった気がするがどうってことない。

IMG_3556.jpg

今日も入ります。せっかくですから。
今回のツーリングではラストの湯。
都合、7湯目。

開湯運百年の谷地温泉。
時間もあるし、周りを散策するとイワナだったかヤマメだったかがたくさんいた。

IMG_3558.jpg

シャッターチャンスがなかなかなく、よい写真が撮れず。
ここは、温度の違う湯船がありぬるいほうに長く入ってから熱いほうでしめるらしい。

IMG_3564.jpg

正直、あまり覚えていないが刺激のないお湯でかなり長湯しました。

フェリーの時間が夜遅くかなり時間が余る感じです。
奥入瀬渓流に向かいます。

IMG_3565.jpg

IMG_3567.jpg

IMG_3569.jpg

IMG_3570.jpg

こんな感じの、清流や流れの強い滝っぽいところが数十あるそうで歩くと何時間か
かかるそうです。よいカメラで散策するにはいいところです。私はやめておきました。
このあと、かなり時間が余ったので散策すればよかったです。

また、十和田湖のあたり。
時間があまり、十和田の北側を回る。
ここは、道が狭くクネクネで楽しい道でした。

IMG_3572.jpg

途中立ち寄るところもなく、ゆっくり八戸に向かいひたすら待ちます。
八戸もまた、なにもするところがなく・・・。

IMG_3576.jpg

帰りも2等席、雑魚寝でしたが、行きと違って隙間がないくらい部屋は満室。
家族ずれや、北海道に向かうライダーも15人くらいいたと思います。
北海道のマップルを広げこれからどこに行こうか仲間とルーティングしている光景を尻目に、
自分の旅はきょうで終わりかと思うとちょっと不思議な感覚でした。

IMG_3579.jpg

苫小牧に着くと、路面がぬれておりやや雨。
東北ではずっと快晴でバイクを洗わなくていいかと思ったらここにきて汚れる羽目に。
ま、無事旅を終えたのでよかったです。

今回のツーリングで楽しかった道は、十和田の北側とアスピーテライン。
きれいだった景色はアスピーテラインのみ。
土地勘ないせいもあるでしょうが、北海道のように時間があるから、あっちにいってとかは
できません。

改めて、北海道の自然と風景はすごいですね。
繋ぎの道でも風景が楽しめるというのは実はすごいことなんですね。

新潟~長野もそうでしたが繋ぎの道は高速道路を使うのがよいと思いました。
私の回ったルートだけで言うと東北はもうすこし良い景色があると思ったのですが、
なんというか景色らしいものがないんですよね。
知らないだけで他にもいいところがあるんだとは思うんですけどね。
言ってしまえば、バイクじゃなくてもいいかも。
全部高速でつないで、温泉のみでいいです。

でも事前に聞いていたとおりで、温泉はとにかくすばらしかったです。
木をふんだんに使った建物や、かやぶき屋根。
あの、風情、情緒は北海道にはありません。
今回、内湯のよさというのを改めて感じました。


支笏湖飽きたな~と思いつつ、あまり時間無いから、ちょい走りで支笏湖へ。
それで、あの景色を眺められるのは実はとても恵まれているんだと思いました。
ましてや、日帰りで積丹、ニセコ回れるなんてほんとすごいことですよ。
冬はバイクに乗れないけど北海道に住む人の特権ですね。


東北ツーリング3日目その3
Category: バイク  
さて、飯はないを食おうか。

ここからだと、盛岡が近いので冷麺でもと思いとりあえず向かいます。
途中で、岩手出身の後輩に電話をしお勧めを聞く。
冷麺もいいけど、じゃじゃ麺がお勧めだという。

盛岡の街はなんだかとってもわかり難い。
デパートの地下にある白龍という店へ。やや並んでいるではないか。
ここは、じゃじゃ麺というものしかない。
かなり空腹だったので大盛りにしようと思ったが、かなり多いので店の人に初めてなら
やめたほうがよいといわれ普通盛りに。

きしめんのような麺の上に辛みそが乗っかっている。
ピンボケですいません。

IMG_3517.jpg

これをぐちゃぐちゃに絡ませて食べるらしい。
これはうまい。適度な辛さと味噌のうまみ。
たいした具もないのだが大満足。終わった後は生卵をといてカウンターに載せるとスープを
注いでくれる。
しめにスープをいただき満腹。お土産はあるが生で日持ちがしないということで・・・。

IMG_3519.jpg

もう、東北の繋ぎの一般道は楽しくないことがわかったので高速を使う。
目指すは八幡平アスピーテライン。

ここはとってもきれいで、みちもくねくねが楽しかったです。

IMG_3523.jpg

こうゆう高山の上を快走できる道は北海道にはなかなかない。
信州のビーナスラインをちょっと思い出しました。
今回のツーリングで一番の道。

IMG_3528.jpg

秋田側の出口付近にふけの湯というのがあるので入ってみる。
本日3湯目。せっかくですから。

ここは、今までの湯とは違う。
すげー、ワイルド。

IMG_3537.jpg

山をきりぐずしたようなところのそこいらじゅうから煙が上がっている。
地熱もすごい。

IMG_3532.jpg

湯温もかなり高い。
湯から上がり端っこにねっころがろうともったら板の隙間から蒸気があちぃ。

IMG_3536.jpg

このワイルドさは北海道にもないんじゃないだろうか。
温度のせいもあるが、これまでのやさしいお湯とはちょっと違いぐっと来る。

あがっても汗だくだ。
一人ライダーが入ってきてここの近くのキャンプ場に泊まるという。
確かに時間も3時になろうとしていたと思う。
ちょっと迷うが、進むことにする。

今日の宿泊地は十和田の北側、八甲田の酸ヶ湯に決定。
アスピーテラインをくだり、高速道路を使いひたすら北上。

なんとか夕方に酸ヶ湯に着き、まずはすぐ近くのキャンプ場にテントを張り、
酸ヶ湯に向かう。
ここは、普通の宿泊も湯治形態もとれるらしく売店にはちょっとした野菜とか
自炊できそうなものがおいてある。

IMG_3539.jpg

ここは、浴場の撮影禁止。有名な大浴場?は混浴でマナーもかなりうるさく
書いてある。一応ついたてで仕切られているのだが知ってかしらずか、確信犯か
わざわざ女性側にいくマナー違反のおっさんもいた。
ま、女性は誰もいませんけどね。

いくつか湯船があるようだが有名なヒバ千人風呂へ。
ものすごいふんだんに木が使われていて広い空間に大きい湯船がいくつかある。
写真不可なので公式のHPを。

http://www.sukayu.jp/touji/index.html

湯は、酸味がある。飲泉しなくてもわかるかんじ。
ちょっと肌に刺激があり、傷とかあったらしみると思う。
まさに湯治湯で治療のための温泉といった感じで続けて入ったら効果はありそうだ。
あまりゆっくり長風呂する感じではなかった。

キャンプ場に戻り飯を食う。とてもきれいなキャンプ場で管理人もとてもいい人。
管理等には電気ポットがおいてあり使用は自由。
この電気ポットがとってもありがたい。コッヘルに湯をくんでちょっと火にかければ
すぐに沸騰。ガスの消費は少ないし、こんなにも便利なもんかと改めて実感する。

きょうは、ふけの湯からノンストップのためろくに買い物もできず湯煎のご飯と
缶詰。ま、こんな日もあるでしょう。

この日は、4つ温泉に入りさすがに疲労が・・・。


東北ツーリング3日目その2
Category: バイク  
さて、開店時間に合わせて鶴の湯に向かう。
時間前だというのに、結構な人が待っている。

ここは、オーラが違います。

IMG_3490.jpg

かやぶきの長屋がひとつの集落を作っているような感じで本当に
タイムスリップしたかのようになります。

IMG_3491.jpg

IMG_3497.jpg

IMG_3500.jpg

ここで、宿泊できるのでしょうか。
かやぶきの長屋を覗いてみます。

IMG_3507.jpg

IMG_3508.jpg

開店時間になり、とりあえず露天に向かいます。
通路を進んでいくと、いきなり真っ白な湯船があらわれる。
ほんと、ため息が出るくらいの乳白色。

IMG_3510.jpg

白いからいいってわけではないが、気分的には最高ですね。
湯船の下は砂利になっており、地面から湯が沸いてきます。
ここも、非常に優しいお湯。

ニセコの雪秩父も白いですがまたちょっと趣が違います。

IMG_3513.jpg

内湯は時間の都合で入りませんでした。

IMG_3515.jpg

ここは、かなり名残惜しい。
私のへたくそな写真ではほんの一部も伝わりません。
今度これたら、キャンプじゃなくてここに泊まりたいです。

あまりゆっくりもしていられないので昼飯に向かいます。


東北ツーリング3日目その1
Category: バイク  
朝起きてもやっぱり一人のキャンプ場。

IMG_3482.jpg

IMG_3483.jpg

今日も快晴。
乳頭温泉郷の鶴の湯には入りたいが時間がまだ早いので孫六にむかう。
透明なお湯で、人も少なくゆっくり朝風呂を浴びる。

今回のたびを通して、一番印象が薄い温泉でした。

IMG_3486.jpg

IMG_3487.jpg

IMG_3488.jpg

IMG_3489.jpg

次は鶴の湯。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。