ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水質改善2
Category: その他  
ドラッグストアで思わず買ってしまった水質改善アイテム。

seisuiki_new.jpg


http://www.n-kc.co.jp/2004/seisuiki.html

浄水器を通さない水で実験したら、確かに塩素臭が消えやわらかい口当たりになった。
いまは、浄水器を通した水をこれでアルカリイオン化(←ほんとか?)して飲み水や、お茶、ご飯に使っている。
飲んだ感じは市販のアルカリイオン水と違いがわからないほどになります。
ミネラルウォーターとは違って、無味無臭。

これは、500円程度でした。
スポンサーサイト


試乗
Category: バイク  
トライアンフの試乗に行ったが今は試乗車がない?とのこと。
電話ではないといわれたがスクランブラーを見たくて店舗に行ったら晴れてたら乗っていいのありますと。
よくわかんないけど、スクランブラーはかっこよかった。

で、一度乗ってみたかったセロー。トレールバイクとして長い歴史があるこのバイク。

ヤマハ セロー250
TS320319.jpg


無論、試乗はアスファルトだったが低速では十分なトルクと小気味よいシングルエンジン。70km/hまでの加速は必要十分。
SRなんかに比べると軽く回る。
思ったより、安定性もあるし軽くて楽しい。
これで、林道に入ったら楽しいんだろうなぁ。
行き着くところはここかもしれない。

トラに乗れなかったのでスポーツスターを試乗。

ハーレー スポーツスター883

2050111_00_2006_09.jpg


モデルチェンジ後、今年はインジェクション化された。
乗ってみると、トルク感なし、まわしても特段なにもなし、ミッションと取り回しは良くなった。
走り出すとよくできた4気筒のように振動が全くなくなるのには驚いた。そのくせ、ラバーマウントでアイドリングでは車体をゆする。逆に不快だ。
30分間試乗させてくれたのだが、後半飽きた。

店員さんが自身ありげに「どうでした?」といっても。
「物足りないです。」と答えるしかなかった。

これと、セロー、一日貸してくれるといったら迷わずセローを選ぶ。


好きなオートバイ
Category: バイク  
久しぶりに、W650以外のバイクに乗ったら?ということを考えてみる。

そこそこ高性能で走ったら、楽しそうなベルシス。

でも、自分好みのデザインはこんなバイク。
古い、W1、Z1、ドカのベベルは別格として現行では…。

何より、デザインが好きだ。

トライアンフ ボンネビル
bonnevillet100_2007_gallery2.jpg


トライアンフ スクランブラー
scrambler_2007_gallery1.jpg


ヤマハSR
sr.jpg


特にスクランブラーは実物がまたかっこいい。
現行トラはW650より現代的な乗り味のはず。
あまり優等生は好まない。
でも、これなら乗ってもいいか。そう思わせる。


そろそろやばい?
Category: バイク  
W650のオイルにじみが気になりヘッドカバーをあけてみた。

Img_2055.jpg


シリンダーを止めているボルトを再度トルクレンチで当たってみる。

あっ

私のW650はボアアップで排気量が上がっている。自分で作業をやったわけですが一本ボルトが緩まずに折れてしまった。このときにねじ山が痛みリコイルというもので直したのだがやっぱりそこが規定トルクで閉められなくなっていた。

5.5万キロ(バイクとしてはかなりのもの)走ったし、そろそろ変え時期なのだろうか。しかし、同じバイクで15万キロ走っている人もいる。
かといって、これといって欲しいバイクもない。
あまり、速いバイクは駄目だ。80km/hで楽しめてツーリング先で道を選ばないバイクじゃないと。

たとえば、次違うバイクを買っても必ずW650に戻る気がする。
でも、体がついていくうちに少し高性能なバイクに乗ってみたい気もする。
次の候補は、ヂュアルパーパスか。

アプリリア ペガソ
ap.jpg


スズキ Vストローム
dl1000m.jpg


ドゥカティー ムルティストラーダ
multi.jpg


カワサキ ベルシス
Versys_ORG.jpg


ん、私の感覚ではどれもかっこ悪い。
でも、乗ったらおそらく楽しいバイクだと思う。

スズキはメーカーとしてあまり興味がないので、ベルシスか、ムルティストラーダが有力。ムルティは今年のラインナップは1000ccのみだが去年のモデル620が良い。
私ごときでは1000ccもいらないし、大きい排気量に乗りたいという感覚はない。楽しければ、250でもぜんぜんOK。
ムルティは620のほうがタイヤが細い。(タイヤは細いほうが楽しい。持論)

現実的にはカワサキ、ベルシスか。
ベルシスのフロントタイヤが19インチだったらいいのに。
フロント19インチの感覚は楽しい。

しかし見慣れないためか、かっこ悪い。(個人的感覚)

この辺の、割と走るバイクに乗ってみたい気もするが…。

07EJ650A7F_BLK-b.jpg


やっぱり落ち着くW650のこのデザイン。

単純に、高性能を好まない私のような種族は結構バイク選びに困ると思う。高性能だけなら、新しいバイクに黙って乗ればいいのだから。


フォークオイル交換
Category: バイク  
W650のフォークオイルはずっと、カワサキ純正のオイルを入れていたが今回はちょっといいものを。
私は1年に1度交換していますがフォークオイルなんて普通のだと1000円ちょっと。フロントタイヤはずせる人なら十分自分でできます。
1000円ちょっとでサスペンションが元に戻るなら絶対定期的にやったほうがいいです。

ABSOという怪しいやつと迷ったが今回はモチュールを。
値段間違っているのか、純正オイルとあまり変わらない値段だった。
モチュールの高いほうなのに…。

Img_2048.jpg


今回はゾイルを10%程度添加。
元の性能が良くないのでオイル位いいものを。前は何でも良い派だったんですがサスペンションは結構変化がわかります。


Img_2049.jpg


今回は分解しないので、さかさまにして一晩放置。
オイル油面を合わせる工具借りていたんですが返したのを忘れていました。急遽ブレーキのときに使おうと思って買っておいた注射器と割り箸で代用。


Img_2051.jpg


油面は

規定値137mm カワサキ10番 粘度33.9
現在145mm カワサキ15番 粘度49.5

今回のオイルは粘度36.0ということで

今回125mm モチュール10番 粘度36.0 ゾイル10%添加

早い話、適当です。 

今思えば好みの油面出してから少し抜いて、同じ分だけゾイル入れればよかったかと。
走った感じ、カワサキ15番のときより動くが暴れる感じもないのでこのままでよいかも。メーカーも番数も変えたのでモチュールだから良いとは言えないが悪くはないです。

試走から帰ってきて、ヘッドカバーのパッキン交換しようとおもってヘッドカバーあけて、いやなことを発見してしまいました。
また、後日。 


シビックタイプR
Category:  
行きつけの車屋さんでブレーキパットの交換などをしに行った。
たまたま聞いた話でシビックタイプRの試乗車情報を入手。

そりゃ、行くしかないでしょ。

070519_1600~0002.jpg


あいにくの雨でしたが、まずは試乗。
駐車場から出るのですでに足の硬さがわかる。
普通の試乗コースではコーナーリングはわからないから少しの全開区間と、乗った雰囲気はですね。

足:初期型のインテグラR(以下DC2)のようながつがつ突き上げる硬さではないですが純正としては相当硬いです。でもボディー剛性が高いので許容範囲です。自分のものとして長く乗るとちょっとストレスかも。

エンジン:自分のトルネオより1000回転レブが高いので息の長い加速ができます。トルネオはパワー感的にはまだまだ回りたがってるのにレブが来てしまいます。
レスポンスは非常によく、回転あわせるときは自分の感覚だと余分に回転あがってしまいます。
DC2のような「はい、こっからハイカムです」というような明確なものは無い。どちらかというと私のトルネオのような感じでフラット。

音:純正としては良い音であるし、聞こえる音もうるさくなく良い。

ミッション:6速ミッションは非常に良い。すこすこ入るしVテックを積極的に味わうには魅力的だ。

総評:シビックが3ナンバーで300万円はどうかと。もう少し小さくてよい。サーキットでのラップタイムは速いんだろうけど面白いかどうかと言われると…。私の印象では普通に速い。DC2を知らなければ超刺激的かも知れませんがDC2の印象が強過ぎるのかもしれない。
タイプRの試乗で身構えたけどなんでしょうね、次元の違う速さなんだけど、意外と普通なんですよね。

個人的には、もっと小さくして、排気量も小さくて良い、軽くして、ブレンボいらない、安くして、パワーはもっと抑えてとにかく面白さと、雰囲気重視のタイプRを作って欲しい。
DC2を超える面白さは感じられませんでした。

私の、妄想。

バイクのゴールドウイングってバイクとしてはまぁ、縁の無い乗り物ですけど、結構良い音しますよね。あのエンジンをそのまま6気筒か、4気筒化して高回転型にして車に乗せたらどうかと。
パワーはそこそこで1t程度で、楽しさ重視。
ロータスエリーゼのような車をホンダで。価格は抑えて…。

01.jpg


金の豚
Category: その他  
韓国のお土産にもらった金の豚。
この、金の豚は並みの飾り物ではない。

その全貌をお見せしましょう。

Img_2020.jpg


これをですね。
投げつけるんです。

ぺチンッ 

Img_2030.jpg


うわっ 

Img_2032.jpg


これが、戻る。

Img_2031.jpg


動画
http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/imp555oba/lst?.dir=/3cd4&.order=&.view=l&.src=bc&.done=http%3a//briefcase.yahoo.co.jp/bc/imp555oba/lst%3f%26.dir=/3cd4%26.src=bc%26.view=l

すごいでしょ?あげないよ(笑)
この豚のすごさもさることながら、これを選んだ感性。最高だ。

やりすぎると…

  伸びるらしい…


まねできない
Category:  
国産のメーカーが挑戦したが、弱小メーカーに勝てなったカテゴリー。
スバルのレガシーバン。
多くのメーカーが2リッターバンのカテゴリーに挑んだがほとんど今では瀕死の状態。

regacy.jpg


あの巨大メーカーもデザインコンセプトは真似できても走りの性能はまねできないようだ。このへん、ユーザーは正直だ。

荷物がつめて、まともに走るバンの世界は国産ではレガシーしか生き残らないのではと思う。しいて言えば、もう1ランク上のステージアくらい。


ぱくり?模造?
Category: その他  
中国はいわずと知れた、コピー大国ですね。
CD、DVD、バイク、その他あらゆるもの。
で、最近話題になっているディズニーランド。

63814.jpg


ディズニーを相手にしたのは流石にまずかったのでは…。

車では中国だけでない。
日本はおろか、世界1位になろうかというメーカー。
他社で売れた車をコピーする。後発なので当然少し改善したいいものができる。販売力は世界一。
漁夫の利で得た利益でハイブリッドに開発費を当てられる…。

大人気ない。

20070513113700.jpg

20070513113750.jpg

20070513113836.jpg


ま、他のメーカーでも少なからず真似て、真似られては存在する。
オールドバイクなんてのはほとんどがコピーだ。
だが、それは技術がなかったメーカーがやったこと。
こんな巨大メーカーが子供いじめするのが嫌いだ。

オリジナルとレプリカ、レプリカのほうが良いものができたというはよくある話だがやっぱりオリジナルが欲しくない?
オリジナルがとても高価で一般人には変えないからレプリカをというのならわかるけど。
でも一般的にはあのメーカなら安心で買っちゃうんでしょうね。

ライセンス生産を結ぶとか、OEM販売でいいんでない?
オーナーさんいたらごめんなさい。全くの私見です。


早朝パノラマ
Category: バイク  
残業続きで起きれるか不安だったが、何とか起きて高速を使い待ち合わせの銭函に7時過ぎに到着。

赤井川経由でパノラマラインに向かう。
とにかく寒い。
久しぶりの革ジャンでいったがこれが大失敗。寒すぎる。
革ジャンは暖かいと思う方もいるかもしれないが保温力は全くない。

aImg_2004.jpg


自販機くらいあるだろうと思ったら、まだ販売していない。
雪の壁もこんなにある。観光客のおばちゃん連中が雪を見てはしゃいでいた。
寒すぎるので、早々に下界に降りて休憩。
コンビニ脇の桜がきれいだった。

Img_2007.jpg


少しだけこのバイクを借りた。
乗りにくいわけではないが、ちょっと乗っただけでは全くうまく乗れない感じ。よく曲がるんだろうけどそれをうまく制御できない。
ドカに乗るといつも慣れたら楽しいんだろうなぁと思う。1000ccクラスのバイクがこんなに軽く動くのはすごい。
でも楽しい速度レンジが高く、自分のバイクに戻るとその速度レンジに安心する。

帰ってから、少々仮眠。疲れがたまっている…。
エンジンばらした2号機の残作業を行いエンジン始動。

組んだときに大量に塗ったオイルが燃えて白煙もうもう。

Img_2015.jpg


何度やっても、自分で組んだエンジンをかけるときは緊張するが、かかったときの感動は格別だ。なんたって、自分が組んだものが動くんだから。
町内を少し走ってみたがとりあえず、問題ないようだ。
しかし、都会の流れで慣らしをするのは難しい。とろとろ走っていると逆に危ない。

これから、慣らし運転3~500kmくらいを予定。自分で組んだエンジンを回すのは本当にびくびくする。
考えてみれば中古車の慣らし運転を何度したことか。
バイク4回、車1回…。


水質改善
Category: その他  
私は乾燥肌である。
特に冬は酷い。年齢とともに乾燥肌も進行し痒くなったり、春にはかさかさ肌が治っていたのに直らなくなったり…。
出張で東京に行くと塩素がさらに強く、皮膚のいたるところが粉を吹いたような感じになる。

私の実家は井戸水で塩素やカルキとは無縁であった。なので子供のころ親戚のうちに行くとプールくさい水や、出した直後にごっている水は不思議だった。
水にお金をかけるなんて意味がわからなかった。



1年位前まではシャワー9.5割、浴槽にお湯を張るのは0.5割くらいの割合だった。
そこで購入した、ビタミンシャワー。

20070509220421.jpg


http://www.arromic.co.jp/

カートリッジにビタミン顆粒を入れて使うのだがビタミンの消費は少なくランニングコストも良好。しかも、マイナスイオンも発生させ節水もできるという代物。(実際はわからないが。)
水道水に含まれる、塩素は少量のビタミンでなくすことができるらしい。ついてきたリトマス紙での実験でもちゃんと効果が出ていた。
人それぞれ効果は違うだろうが、私はこれは効果があった。水道水よりはがさがさが解消されて、浴槽につく水垢が少なくなったのを体感した。
今では、シャワー0.5割、9.5割お湯を張りエモリカを投入している。そうしないと乾燥で痒くなる。

そして、最近オークションで安く買った浄水器。
といってもアルカリ何とか水に変わるとか何十万もするようなものではない。普通にカルキや、不純物を除去するもの。
発がん性物質の除去とまで書いてある。ほんとかどうか…。

cas_a028.jpg


http://www.torayvino.com/product/cassetty/cas_a001.html

東レのカセッティーとかいうやつ。デジタル表示がついていてカートリッジの交換時期がわかる。
浄水器というと、ねずみ講商品の定番だが一般的なやつ。

効果はあったか。

これも体感できます。水道水はそのままはあまり飲めませんでしたが浄水器を通すと普通に飲めますし、お酒の水割りにも使って大丈夫です。
塩素のにおいがなくなり、感覚的にはやわらかい口当たりになります。
お茶なんかの味も変わります。(ペットボトル買うの重いのでティーパックで作っています。)

でも、これらは最初は体感できてもそれが当たり前になるんですよね。


P1耐久 Rd.1
Category: バイク  
今シーズンのポケバイ開幕戦に行ってきました。
先に感想を言うと、甘くはなかった…。

少し早く行ってステップにボルトを溶接。(純正のはこけると破損するので。)

タイヤも去年の使い古しに交換。
オークションで安く買った革つなぎも着用。

ゼッケンシールを持ってきてくれる先輩が予選に間に合わなそうなので去年のバイクのカウルごと移植。なんかそれだけで調子悪く見える。
思えば、今回のトラブルはここから始まったのかもしれない。

エンジン始動。
ん、かからない。乗り移った?
何度か挑戦し、無事アイドリング。
今回は、予選ちゃんと走ろうとはなしていたんですが今年から予選のタイミングがちょっと変わって分けわかんないうちに計測終了し8位。

ま、いっか。 

Img_1991.jpg



序盤は順位ほぼキープのままだけどなれてないからかチームみんなタイムがあがらない。でも、今年のバイクは抜くことはすごく簡単になり結構抜いたので楽しかった。1回目私のベストタイムは47秒後半。
うちは4人なので15分交代で1時間。
1時間を過ぎ2回り目、この時点で3位。

もしかしたら、表彰台圏内かも。

で、私の番。
タイムは、思ったほど出せずベスト47秒フラット。
去年より1.5秒くらい遅いしタイムにばらつきが。
立ち上がりは明らかに今年のバイクのほうが早いが1コーナーから先で吹けきってしまう。

最初のヘアピンでのブレーキポイントはびびってかなり手前。
全体的にコーナー速度が去年より遅い。
革つなぎと去年より少し体重が重くおそらく+10kg増。
革つなぎ安心だけど重い。でも、安心して膝すれるので楽しいです。

ま、いっか。 


最初の悲劇は、私の最終コーナーで起こった。
さて、立ち上がりだと思った瞬間。

キュ

っとなって分けわかんないうちにスリップダウン。

あ、チェーンが外れて絡まってる。これでロックしたようだ。
しかも、チェーンがひねってはいけないほうに180度裏返っている。
内側が、外側になってるのです。
何とか復旧したが、その後ライダー交代しても何度もはずれ、しまいにはスプロケも緩んでしまう。
最後は、残り数分でチェーンはずれ急いで直して何とか完走扱い。

あっという間に順位は下がり8位。
今回は、もう少し上いけるかなと思ったけど甘くはなかったです。
タイムも、みんな去年よりコンスタントに2秒くらい遅いのかも。
トラブルなければ、入賞可能ですが表彰台は遠い。
しかも、ポケバイメーカーのバイクじゃないの?っていうの使ってるチームまで現れる。

http://www.nihon-life.com/sales_series.html

最後の最後の加速で、もしかして今までばれないようにハーフスロットルだった?と思ってしまった。やや、反則。
表彰台には乗りたいけど、たくさん抜いたし楽しかったので

ま、いっか。 

今回はタイヤ3レース目ですが持ちました。ちょっとすべる気はしますが。
右が減るので反転させればもう1レースいけるかも。

焼肉の後、先輩の子供が初走行。
最初80秒くらいだった気がしますがみるみるペースが速くなって63秒~65秒くらいで走ってます。おそらく瞬間的に全開にしてると思うんですが子供の体重だとかなり良い加速しますね。

Img_2001.jpg


先輩の子は、モトクロスも遊び程度に乗っているのもあってか子供の順応の早さには驚きます。

で、みんな走らないといっていたんですが少し走りたくなる。
2人走って、私に交代。つなぎ着てないしほどほどに。

インラップ、一台、子供がいたのでゆっくり抜いてさぁ、いこうかと浅い左コーナーに入った瞬間。

Boooon ! 

あれ?ギア抜けたか?(2号機のバイクがたまにギア抜けするので。)
でも、このバイクにはギアがない。
その直後。

キュ 


この音聞いたことある…。 


と思った瞬間ハイサイドでなすすべなく宙を舞いました。
この瞬間、注1はげパンの顔が。
とっさにくるっと回って前廻り受身。
やや、肩から落ちましたがかすり傷程度。

注1:昔柔道を習ってまして、はげパンとは身長150cmくらいのつるっぱげのおっちゃんでパン配達の仕事をしてた先生です。めっぽう強くて、練習でちょっとでもはげパンをふらつかせるとその後思いっきり反撃されます。友達は、これで骨折しました。

ポケバイみるとまたチェーンが絡まってる。
チェーンが外れてタイヤロックが原因でした。
ピットに帰ったら、みんな大爆笑…。
チェーン外れるのわかるけど、交代して30秒かい…。

ありえない。時限爆弾だ。

TS320303.jpg


チェーンはこのとおり。溶接したステップも折れる…。
帰ってから、去年のバイクのチェーンと、スプロケを移植。
チェーンサイズが違うのでスプロケも移植しないと駄目みたいです。
スペアバイクじゃなくて、部品取り車になってしまいました。

去年のギア比になったので吹けきることはないかもしれない。
立ち上がりは遅くなると思いますが、去年のバイクより調子いいので次の練習のときに判断です。

本当のバイクでもチェーンのメンテは重要ですね。
怪我なくてよかった。1コーナーだったらと思うとぞっとします。
バイク乗るなら、柔道習っておいて損はないかも。

でも、なして交代後30秒さ…。

もしかしたら、足でチェーンを押してしまって外れたのかもしれません。バイク乗るときはニーグリップあまりせずかかとではさむ乗り方なので。去年のポケバイはチェーンカバーのところに一枚プレート入れていたんですが今回面倒で入れてなかったんです。


トルネオ
Category:  
トルネオのタイヤが減ってしまったので新調しました。
帰省をかねて走行風景を撮ってみました。

ストリーミングとかやり方わからないので右クリックで「ファイルに保存」してください。

時間かかるので、興味がある人向け。

分割されているほうは、同じフォルダに全てダウンロードし「bat」ファイルを実行すると結合します。1ファイル20mbまでの制限があるみたい。

http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/imp555oba/lst?.dir=/8384&.order=&.view=l&.src=bc&.done=http%3a//briefcase.yahoo.co.jp/bc/imp555oba/lst%3f%26.dir=/8384/9124%26.src=bc%26.view=l

交換したタイヤはヨコハマネオバ。今回は皮むきの走行でしたがそれでもすごいグリップ。私ごときでは使いきれない。
下手なので、雰囲気だけでお願いします。(笑)

シフトダウン下手だ・・・


2号機OH
Category: バイク  
2号機のエンジンも組んでから1万キロくらい走行。
ちょっと、パワー感がなくなってきた。

天気も悪いし、昼過ぎに思い立ち、ピストン交換を始める。
部品は、ストックから。
冷却水を抜いて、はずすもんはずして開始です。


Img_1955.jpg


2サイクルはバルブがないから簡単です。
ピストン、スリーブともに大きな傷もなく一安心。

Img_1956.jpg


灯油で洗います。

Img_1959.jpg


排気のバルブYPVSはオイルとカーボンが取れません。

ほんとはこのバイクにはYPVSなんてついてないんだけどね…

でも、汚れの状態としてはかなりましなほうでした。
部品取りのジャンクエンジンなんてなかなかバルブ抜けませんから…。
キャブクリーナーを噴射しまくりますがなかなか取れません。
ゴム手袋必須ですね。

Img_1960.jpg


今回は、新品のピストンを使います。
紙やすりで斜め45度にクロスハッチを入れます。
こんなことしていいのか、不安になります。

Img_1962.jpg


シリンダーを二つ乗っけてヘッド乗せれば完成なんですがちょっと問題が。
排気バルブを接続する部品にがたが出て芳しくありません。
ストックの新品はもう少し温存したいので、実家帰ったときに部品鳥の探してきます。



Img_1963.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。