ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒメマスを食いに
Category: 自転車  
ヒメマス食いたくなったので支笏湖まで。
美味かった。
古いCBかっこいい!

10606393_606372856148977_3871167739925705945_n.jpg
10610825_606372879482308_5542452575375009978_n.jpg
10550892_606372896148973_9005139787954745914_n.jpg

スポンサーサイト


ロングライド
Category: 自転車  
夏休みですが、天気がパッとしないので遠出はやめ。
今日はロングライド 目標200km
簾舞から出発し、国際スキー場、朝里ダムから毛無峠
キロロ、倶知安、五色のヒルクライムコース、ニセコ、喜茂別でラーメン食って中山峠
坂バカとしてはロングライドなのに山岳ステージを選んでしまうんだな…

結構食ったつもりだけど、ちょっと足りなかったな。
日が落ちるの早くなってあんまり時間がないので、ツールの選手並みに自転車乗りながら補給

パン3袋 推定1200kcal
カロリーメイト4本 400kcal
エナジーゼリー 200kcal
最後はラーメン推定800kcal
2500ちょいか

215km
4685kcal

10565105_602874786498784_8670290917165758225_n.jpg
10590507_602874876498775_8113807042340909059_n.jpg
1512457_602874889832107_5962377842321213045_n.jpg
10423785_602874913165438_5456890423866479265_n.jpg
10636140_602874936498769_6870709841419721337_n.jpg
10514201_602879866498276_1853139963602936077_o.jpg


ケストレル
Category: 自転車  
トライアスロンで使った古い自転車をちょっと預かった。
当時はトータル80万くらいの価格だったようだ。
自分にはさっぱり分からないけど、ケストレルってメーカでシートチューブがない変わった自転車である。
ちょっと調べたら、UCI規格に通らないトライアスロン用の変わった形の自転車が結構あるんですね。
タイヤは26インチ、トライアスロンでは前を走る人について行くのは風除けとみなされるため禁止らしい。
すべてのレースかどうかは分からない。
そのため、タイヤは小さく、空気抵抗は少なくってのが考え方みたい。

残念ながら、シートが高すぎ、この形状から下げられない・・・
なので、ダンシングと、なんとか足を伸ばしてのシッティングしか分からなかったけど、
レース機材、26インチ、かなり特殊なのかと思ってのったら、以外と乗りやすい。
びっくりしたのは、ガチガチじゃなくて乗り心地がやわらかい事。
この前、ちょいと乗ったジャイアントのTT風バイク?がガチガチだったのであれをイメージ
していたが

これ、普通につかえるんじゃねか??
ハンドリングは、タイヤが小さいせいかかなりクイック気味。
9速のデュラは年式を感じさせない正確さ。

なんせ脚が届かず、こいつが求める、巡航速度までは持っていけなかったが
こんな自転車に乗れる機会はもうないだろう。


写真


上富良野合宿
Category: 自転車  
上富良野 泊まり込みのキャンプ合宿

1日目 2本上がるって意気込んでるが、本当に上がれるのか?
日の出キャンプ場からスタート、途中のパーキングまでは穏やかな緩斜面
しかし、この日は暑く既にオーバーペースか?
ヒルクライムではここから、計測っぽいので自分のペースで上がってみます。
去年一回走っているけど、なんとなくしか覚えていなく明らかなオーバーペース。
心拍も上がりっぱなし、吹き上げの分岐で後ろを待つ。

ほどなくして、合流。しかし、脚が止まったように動かん。
この状態であの絶壁を登るのか・・・。
ほんと、降りようかと思ったけどなんとか足を付かずゴール。
休憩して、一気に下って。昼飯食って、本当にもう一本。
心拍を見ながらかなーりペースを抑えて登ってみた。
一本目よりは感じがつかめたけど、ペース自体は大分遅い。

この日は、温泉入って、美瑛側回りで日の出でキャンプ。夜の部へ

2日目は、さすがに1本にしようってことに。ステムを120→130に交換してみた。
もうちょっと乗ってみないとわかんないけど、まあまあよいかも。
しかし、昨日の余韻で腰が痛い。
駐車場から頂上まで手元の時計で53分くらい。
これが、限度かなぁ。
レースのペースに呑まれたら確実に上がれないと思うのでマイペースが必要だ。

ここはやっぱり特別ですね。登った後の空気も、景色も、坂も。。。



3写真
RIMG1182.jpg
RIMG1185.jpg
2写真
写真[1]


the miyata
Category: 自転車  
今年も行ってまいりました、つどーむの自転車試乗会
あいにくの天候だったけど、前日に比べればぜんぜんOK
カッパ着て走りましたけどね。

印象に残ったのは

カーボンならシナプス。

RIMG1177.jpg

とっても振動吸収がよく、だるさも感じず、去年乗ったグラファイトをちょっと予感したが、
去年のことなのでもう比べるレベルにはない。
ことしは、グラファイト着てないからなぁ。
この後乗った、スパ6ハイモッド
流石に切れのよさを感じたけど、シナプスに比べるとジャイアントに乗り換えたみたい
ガサガサ感を感じた。それくらい、シナプスはいい。



本日のナンバーワン

miyata クロモリ

写真

前日に乗った話を聞いて、すげぇとは聞いていたけど、
ここまで良いの?
とっても、軽快。素直、乗り心地良し、ちゃんと遊ばせてくれる固さ、ディテール、仕上げ非の打ち所無し。
こんなクラシカルなデザインで、ここまで走っちゃうとは。
これで、カンパなら、ディティールはさらに良いだろうな。カンパか~

このあと、ネオコットやら、パナチタン、ルイガノチタンやら金属乗りましたけど。
チタンも良いんですけど、一番欠落しているのはデザイン。
miyataを見ちゃうと、走りだけで評価できなくなった。
miyataのあとでも、ネオコットのトラクション感は健在。
これは、これで、いいよ。

この後、ジャイアンのTTかぶれの何とかってやつとか乗ったけど
遊ばせてくれないねぇ。
いいだけ、脚も終了なんで最後に

the miyata

終わった脚でも5週くらい乗っちゃったかな。
やっぱ、いいよこれ。

時代遅れのマテリアルなのかも知れないけど、職人さんがちゃんと作ったものは
ここまで良いんだ。
どんどん進化するカーボンだけど、結局は基本設計何十年前のクロモリがこんなに
良いんだ。
ニッポンの職人の魂を感じました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。