ツーリング、温泉めぐり日記

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


温泉番長
Category: 温泉  
書店で何気なく目に留まった本。
そうそう、このタッチの旅の本もいいところ紹介してました。

温泉番長ほっかいどう 基本級

RIMG0173.jpg

行ったことあるところからないところまで、このチョイスだもん。

RIMG0174.jpg

温泉の紹介の本は、「ジャグジー完備、展望露天風呂が云々、サウナがなんとか」っていう紹介がほとんど
ですがこの本は違います。

これで基本級か。次回も楽しみ。
この手の本は無くなったら廃盤っていうのが多いので買っておかないと。
スポンサーサイト


金花湯
Category: 温泉  
北海道の温泉好きなら一度は聞いたことがあるであろう島牧の金花湯
山の中に、すごい湯があるというが人を拒むように行くのが困難で行けないといううわさもある。

念願かなって金花湯を目指すことになった。
ジムニー軍団がちょっとまえに行っているとう情報も。
最初は普通の林道。
そして、最初にして最大の難所。

このラインは遠慮し、

RIMG0144_20111023210141.jpg

こちらを押しながら。
RIMG0147.jpg

途中休憩。
RIMG0149.jpg

薮漕ぎはあたりまえ、ちょっとした川渡り数本

途中の写真は撮る時間がありませんでしたが

やっとたどり着きました。
これが、幻の金花湯かぁ

ジムニー軍団の置き土産がありました。
ここまで車で来るって、半端じゃないです。
道と湯船の整備?もしてくれたようです。

RIMG0154_20111023205617.jpg


川沿いには空中露天風呂
ずっと入っていたいですが、帰路もあるのでそこそこに。

RIMG0162_20111023205655.jpg

とちゅう、沼?を見に行き紅葉も綺麗でした。

RIMG0189_20111023205800.jpg


人数と、知っている人がいないといけませんが話に聞くとおりすんごい温泉でした。
途中2人組が徒歩で下っていました。歩いていったのでしょう。

ここよりは遥かにアクセスが楽だけど、湯は近いものがある岩内の朝日温泉
ここも、道が流されて再開のめどが立たないようですが行きたいですねぇ。
再開され流されるまでの数年間。何度か行っておいて良かった。
再開を他力で待つだけではだめですかねぇ。


温泉
Category: 温泉  
平日の休日はもれなくリハビリになりそうです。

午前リハビリの後、同室だったおじさんを訪ねます。暇をもてあましてました。
タクシーで帰らず、歩いて地下鉄の駅へ。
普段は高いしそうそういきませんが、今行ける範囲の月寒温泉に向かってみます。
が、福住駅から歩いたのですが結構遠い。札幌ドームのさらに千歳側。
車だと、あっという間ですが・・・。歩くのすごく嫌いです。

これまた、普段なら選択しないご飯と、温泉のセット 2000円。
まずは温泉。傷にしみないか心配でしたがとりあえず大丈夫。
軽く浸かって、併設しているとんでんでご飯を食べます。

10年ぶりくらいのとんでんでしたが、こんなんだったっけ。
天丼とそばのセットにしましたが脂っこくていまいち。
いわしの刺身にすればよかった。

その後は、リクライニングチェアが並んでいるところで軽く昼寝。
入浴
チェア
入浴

都合5時間くらい滞在。
なんとも、健康ランド的すごし方をしました。
帰りはバスに挑戦。
バスって、どこ行くかわからないから苦手です。

あぁ、こんなビルヂングな温泉じゃなくて しっぽりしたところ行きたいなぁ。
でも、十分リフレッシュできました。


山田温泉
Category: 温泉  
比羅夫スキー場に隣接するニセコ山田温泉。
冬季のみの営業で、こじんまりとした浴槽だが、入ってみるとすごい良質なお湯。
温泉の成分から、電気製品がすぐに壊れると書いてあった。

火災になったまでは知っていたが、中国の投資家に売却されたようだ。

http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000831009240002

どうなるんだろう。

リーマンショックでニセコバブルも崩壊なのかと思ったら、アジア、中国マネーが
流れ込みまだまだ開発が進むらしい。


温泉ツーリング
Category: 温泉  
夏休みツーリングの記事はお休みして。

今日は二人で、温泉ツーリング。

まずは、赤井川、余市、積丹、トーマル、岩内のルート。
途中でバイクを交換、XJR400は静かで、何キロでてるかわからん。
こりゃつかまるぞ。
そのまま朝日温泉の砂利難セクションへ。
人のバイクという緊張感もあってこれは、砂利がとっても走りにくい。
かなり、ゆっくりたどり着く。

出るときに一組着たが人もいなく、プライベート温泉。
が、バッタの大群と、得体の知れない虫が…。

Ts320435.jpg


帰るときにはこんなのも。

Img_2496.jpg


帰りは自分のDトラで下る。やっぱり、オンロードタイヤ、17インチでは走りにくい。W650のほうがよっぽどいい。
やはり、強烈な乗り味はないが道を選ばないW650はすばらしい。
朝日温泉は後から、体がほてる。
今日の陽気で汗だくだ。

このまま、蘭越方向に行き、新見へあがる。
ここの細道、クネクネ区間が、今日は一番楽しかった。
おまわりさんいないしね。

次は、黄金温泉。

Img_2499.jpg


ここも、人がいなかった。出た後で何組か。
五右衛門風呂に入る、大きな先輩。
大量のお湯が洪水となってあふれ出る。
あがった後は、お湯がたまるまでしばらくかかる…。

ぬるい、発泡系のお湯はずっと入っていられる。
朝日も、黄金も1時間近く入っていたのでやや湯あたり。
そりゃ、成分の強い温泉にそんなに入っていたら当たり前か。

帰りは、眠気との戦い。
銀山でつかまりそうになった。

銀山→キロロ方向

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=43.2.54.368&lon=140.49.57.817&sc=3&mode=map&type=scroll

Dトラはレーダー付けていない。この辺は取締りしているからという意識は銀山まであったのだが…
眠気で頭が回っておらず「止まれ」の旗。

あぁ、万事休す。

が、旗が引っ込む?
良くわからないが止まる。

2台分うまく計測できなかったのか、どちらにレーダー当たったのか判別できなかったのか

「どっちがって(2台のうち)ことじゃないけど、ちょっとでてたから気をつけて」

で、終了。

なまら、ラッキー

普通のネズミ捕りを発見できなかったのは始めてかも。
温泉二つは思考能力を奪っていた… 

予断。ここでもやっていました。

朝里→キロロ方向

たまにぶち抜かれるSSバイクの方だと法廷速度の2倍+αだしてるであろう場所。

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=43.8.33.302&lon=141.0.57.835&sc=3&mode=map&type=scroll

銀山~稲穂入り口までも、追尾でやってるしここは、全区間取り締まっているものと思ったほうがいい。

いや、それにしてもまだ体が熱い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。